複数の金融業者から借り入れをしていて、金利や返済手続きによる負担を軽減したいという気持ちがありながらも、銀行の取り扱うおまとめローンの審査に通過する自信はないために、実際のアクションが起こせないでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか? このような問題を解決するためには、借りたお金の使い道を自由に設定することのできる、消費者金融のカードローンを、おまとめローンとして活用するという選択肢もあります。

とは言うものの、消費者金融を利用してローンを一本化したいという気持ちはあっても、総量規制のことが気にかかるという人は多く見受けられます。総量規制は、貸金業法による規定で、年収の3分の1を超える貸し付けを行なってはいけないというものです。特に、2010年の貸金業法改正前の借り入れを複数抱えている人の場合、借金を一本化すると総量規制に引っかかるという思いから、消費者金融の利用をあきらめていることも多いようです。

しかしながら、貸金業法では、借りた人が一方的に有利になる段階的な借り入れ、総量規制の対象外であると規定されています。こちらの取り決めによって、年収の3分の1を超える借金があっても、消費者金融を利用してローンを一本化することが可能です。