得られるメリット

貸金業法施行規則第10条の23第1項2では、ローンの一本化に消費者金融を利用する場合、総量規制の対象にならないと規定されています。よって、借入金額が年収の3分の1を超えている方でも、消費者金融で借金を一本化することができるので、どうぞご安心ください。

この先、おまとめローンを利用するにあたっては、なるべく金利が低くなる方法を選択することがポイントです。こちらの条件では、銀行のおまとめローンにアドバンテージがあります。とは言うものの、銀行では、ただでさえ消費者金融よりも厳格な審査基準が設定されているのに加えて、おまとめローンの場合にはさらに厳しい審査が行われ、一本化する借り入れ件数を減らすなどの工夫をしないと、確実な審査の通過が難しいようです。

そのようにして、事前に行なわれる審査に通過することができなければ、元も子もありません。その点、消費者金融の場合、自分で収入を得ている人であれば申し込みが可能で、比較的緩やかな審査基準が設定されています。また、銀行と比べて、高い金利設定となっているのは消費者金融の問題点ですが、中には、おまとめで高額の借り入れをする場合、銀行とほとんど変わらない金利設定の消費者金融もあるので、チェックしてみると良いでしょう。

消費者金融の利用

複数の金融業者から借り入れをしていて、金利や返済手続きによる負担を軽減したいという気持ちがありながらも、銀行の取り扱うおまとめローンの審査に通過する自信はないために、実際のアクションが起こせないでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか? このような問題を解決するためには、借りたお金の使い道を自由に設定することのできる、消費者金融のカードローンを、おまとめローンとして活用するという選択肢もあります。

とは言うものの、消費者金融を利用してローンを一本化したいという気持ちはあっても、総量規制のことが気にかかるという人は多く見受けられます。総量規制は、貸金業法による規定で、年収の3分の1を超える貸し付けを行なってはいけないというものです。特に、2010年の貸金業法改正前の借り入れを複数抱えている人の場合、借金を一本化すると総量規制に引っかかるという思いから、消費者金融の利用をあきらめていることも多いようです。

しかしながら、貸金業法では、借りた人が一方的に有利になる段階的な借り入れ、総量規制の対象外であると規定されています。こちらの取り決めによって、年収の3分の1を超える借金があっても、消費者金融を利用してローンを一本化することが可能です。

おまとめローンとは

金融業界では、「おまとめローン」という言葉が使用されることがあります。現在、複数の借り入れをしていて、負担する利息金額や、返済手続きにかかる時間・エネルギーのことで悩んでいるという方には、おまとめローンの利用も検討してみることをおすすめします。こちらは、読んで字のごとく、複数の借金をまとめて、一つの会社に借り換えをすることのできる金融商品です。

借金は、借入金額が高くなればなるほど、金利が低くなる傾向にあります。
一例として、50万円ずつ3社から借り入れするのと、150万円を1社から借り入れるのでは、通常の場合、後者の方が低い金利設定となります。
したがって、複数の借金を一つにまとめると、利息金額による負担が軽くなるという効果を期待することができます。
また、複数社から借り入れをしていると、月々の返済も複数回も行なわなければならず、手続きにかかる負担が重くなります。その一方で、おまとめローンを利用して借金を一本化すると、返済手続きも一回だけになり、負担が軽減されて資金計画が立てやすくなるというアドバンテージもあります。

現在、各銀行ではおまとめ用の金融商品を取り扱っていますが、審査基準が非常に高いという問題があります。