貸金業法施行規則第10条の23第1項2では、ローンの一本化に消費者金融を利用する場合、総量規制の対象にならないと規定されています。よって、借入金額が年収の3分の1を超えている方でも、消費者金融で借金を一本化することができるので、どうぞご安心ください。

この先、おまとめローンを利用するにあたっては、なるべく金利が低くなる方法を選択することがポイントです。こちらの条件では、銀行のおまとめローンにアドバンテージがあります。とは言うものの、銀行では、ただでさえ消費者金融よりも厳格な審査基準が設定されているのに加えて、おまとめローンの場合にはさらに厳しい審査が行われ、一本化する借り入れ件数を減らすなどの工夫をしないと、確実な審査の通過が難しいようです。

そのようにして、事前に行なわれる審査に通過することができなければ、元も子もありません。その点、消費者金融の場合、自分で収入を得ている人であれば申し込みが可能で、比較的緩やかな審査基準が設定されています。また、銀行と比べて、高い金利設定となっているのは消費者金融の問題点ですが、中には、おまとめで高額の借り入れをする場合、銀行とほとんど変わらない金利設定の消費者金融もあるので、チェックしてみると良いでしょう。